海外医療の進展と取組み

エボラ出血熱などで現在騒がれている中今後の海外医療の現場はどのように発展していくのでしょうか?

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

サイトメニュー

アーカイブ

海外医療の状況


海外では現在でも活躍している方が沢山いらっしゃいます

日本とは違う海外医療の特徴

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

日本の医療システムに慣れている人にとって海外の医療システムは使い勝手が悪いと感じる人もいるのではないでしょうか。

医療というのはその国の文化を反映しているため、税金が高くてもいいから一定水準の医療を受けたいというところから、自己責任に近い形で医療システムが成り立っているところまでさまざまです。

昔欧米諸国に植民地だった国はやはり欧米諸国に影響を受けていることもあり、医療システムも同様の傾向があります。

海外の医師というのは総合的に診察してくれるホームドクターと呼ばれる一般医と専門的な医療を行ってくれる専門医に大きく分かれます。

基本的に病気になった時にはいきなり専門医がいる病院に行くのではなく一般医の診察を受けます。

一般医の診察を受けるときには予約を必要とし、予約が無い患者に関しては予約がある患者が優先されますので、いつまでも待たされる結果になり予約がいっぱいの場合には診てもらえないことがあります。

海外で医療を受ける場合にはどの一般医の診察を受けるのかを決めます。

一般医をあらかじめ決めておかないと病気になった時に困ることになります。

どの一般医を決めるかというのは医師の経歴や口コミ、評判などを参考にします。

実際に受けてみて合わないと感じるのであれば変更するのは自由です。

一般医での診察というのはあらゆる病気の窓口に当たり、そこで治療ができるのであれば治療を行い、専門医による診察が必要な時には紹介状を書いてくれますので、紹介状を持って専門医に診察に行きます。

入院や手術が必要な場合には契約している病院に対して入院手続きを取ります。

日本ではどこで受診したとしても同じ病気であれば医療費は同じわけですが、海外では思ったよりも医療費がかかることが多いです。

救急車は日本において無料で利用することができるわけですが、海外では有料の国が多いです。

日本と同じように利用したところ有料だということでびっくりする人もいます。

海外では自分の健康は自分で守るという意識が高く、医師からのアドバイスであっても従うかどうかは患者次第というところがあり、納得いかないというのであれば別の医師の意見を聞くのは当たり前のことです。

医療情報については患者に比べて圧倒的に医師が持っていますので、日本であれば詳しい人が言うからそれを鵜呑みにしようという考え方をしがちですが、海外では医師と患者は対等な立場という考え方なので、きちんと説明を求めます。

 

海外では高額になる医療費問題

 

北欧諸国やイギリス、カナダ、フランスなどのように医療費が無料になっている国があります。

しかしながら、医療費が全て国庫負担になっており自己負担しなくて済むというのは、その分だけ税金が高くなっています。

こういう国では日本に比べて税金が高い高福祉高負担になっており、働いて得た収入の半分以上を税金で持っていくので、実質ベースで言うと無料ではないです。

こういう国の市民になった場合には無料なので体調を崩したときにすぐに病院に診てもらおうとするわけですが、すぐに病院で診てもらえるわけではありません。

あれこれと症状を細かく聞かれたうえで病院で診るべき病気だと判定されないことには予約が取れないです。

事前である程度制限を設けていることが分かります。

確かに医療費が無料のところがありますが、日本医療ほど低コストで高度な医療を提供しているところはないと言われます。

それはどういうことかというと、医療費が無料のところというのは最低限の医療にt留まっており、高度な医療を受けるとなると医療費が無料のところでもすべて自己負担になってしまうところもあります。

日本の常識で他の医療費が無料のところを見ると物足りない可能性があり、日本は恵まれていると感じるところです。

医療費で高いところと言えばアメリカが当てはまります。

国が運営する健康保険は高齢者と高所得者のみで、その他の人は勤務先を通して民間の医療保険に加入します。

それでも何の保険に入っていない無保険車もいます。

盲腸になった場合には約200万円の医療費がかかるなど全体的に医療費が高いので、アメリカで自己破産をした人の60%以上は医療費が支払いきれないことによるものです。

日本では無料である救急車は海外では有料が当たり前になっており、アメリカであれば2万円から4万円程度で乗った距離に応じて加算されていきます。

有料の国であっても担ぎ込まれたときに救急車で運ぶべき疾病だった時には無料になる国もあります。

 

 

発展途上国の医療を進展させるためにはどうすればいいのか

 

先進国の平均寿命を見てみると男女とも70歳を超えるようなところも多いわけですが、それに比べると途上国の平均寿命は50歳前後と低いです。

先進諸国の主な死因と言えば脳卒中やがん、心筋梗塞と言った生活習慣病が占める割合が多いわけですが、途上国の主な死因はマラリアやエイズ、結核、はしかといった感染症で亡くなっているケースが多いです。

途上国の平均寿命が低い理由と言えば乳幼児と妊産婦の死亡率が高いからです。

この要因というのは貧困によってまともな食生活が送れていないことや水が安全でないこと、不衛生な施設で治療をしていること、適切な医療サービスを受けることができないことなどが挙げられます。

また、健康でない母親が出産によって死亡するというケースも見らえます。

大人に比べて子供は抵抗力が弱いですので、まともに医療サービスを受けられないととどうしても乳幼児死亡率が高くなります。

途上国で亡くなる割合が多い肺炎や下痢性疾患、マラリア、はしかと言った感染症は公衆衛生を改善していくことや予防接種を受けることにより大幅に改善できます。

それならば、途上国に対して適切な医療wを行えるだけではなく、適切な医療を受けられるようにすることも大切です。

途上国に医療を進展させるためには衛生状況を整えることから始めていく必要があります。

途上国の人々の命を救うために先進国がどう協力支援をやっていくのかという視点で見ていきます。

途上国では感染症で亡くなるケースが多いわけですが、先進国で死亡上位にならないのは予防をすることが可能だからです。

途上国では予防をすることすらできないので、結果的にそういう病気で亡くなる人が多いです。

途上国では生きていくのに精いっぱいという状況が続いています。

先進国が援助をしていくことも大切ですが、医者や衛生状況、お金といったすべての分野で足りていないのが現状です。

どの分野も少しずつ解決を図らないと途上国の医療が進展することはありません。

更新情報

Copyright(C)2014海外医療の進展と取組みAll Rights Reserved.