他国に医療サービスを受けにいく医療ツーリズム

近年は外国に行ってまで医療サービスを受ける人が増えてきており、そういう流れのことを医療ツーリズムと言ったりします。

医療サービスと観光を組み合わせた医療ツーリズムというのは医療を目的にして海外に行きますので、どうしても長くその国に滞在することになります。

医療と言ってもがん治療や臓器移植のような高度な医療だけでなく、健康診断や人間ドック、歯科医療、美容整形など目的は幅広いです。

医療ツーリズムでわざわざ外国の医療を受けるのは、自国に比べて安く手術をすることが出来たり、高度な医療を受けられたりしたいというニーズがあるからです。

発展途上国の富裕層が自国の医療レベルが低いことで先進国に行って医療サービスを受けたり、先進国の患者がアジアや東欧などに行って安い価格で医療サービスを受けたりするケースが見られます。

50か国以上の国が医療ツーリズムを自国産業の一つにしているという現状があります。

特に受け入れ先が多い国としてはイハンガリーやインド、シンガポール、タイ、マレーシア、メキシコ、韓国などになります。

なぜこんなに力を入れているのかというと、医療サービスに対してお金が入ってくるだけでなく、そのついでに観光をしたりするなど外貨の獲得につながるからです。

受け入れている病院や医療ツーリズムに携わる業者だけでなく観光地も潤う可能性があります。

特にタイでは首都バンコクにある大きな病院が積極的に外国人を受け入れています。

そのため、英語だけでなく、日本語や中国語、アラビア語などでも治療を受けられます。

タイの売りは安価に医療サービスを受けることができ、海外からの旅行者の約4%は医療を目的としています。

最近は遅ればせながら日本でも医療ツーリズムを発展させようとしています。

日本の売りというのは高度医療技術になりますので、そこを売りとしてなんとか海外からの医療目的の滞在を増やしていこうとしていますが、外国人の受け入れ態勢はまだまだ整っていないのが現状です。

日本は「おもてなし観光医療」で世界一に – 東洋経済オンライン

発毛と増毛を実現させる育毛剤 – MUGEN2323